こんにゃくの紹介

时间:2022-07-01 阅读次数:359

こんにゃく、別名コンニャク(jǔ ruò)。天南星科コンニャク属の総称であり、多年生草本植物であり、栽培学的にはイモ類作物に属する。世界には約160以上の品種があり、中国には20以上の品種がある。

こんにゃくは主に標高200メートルから2500メートルの山間部に成長し、喜温湿潤、適温は20℃~30℃である。主に中国の湖北、雲南、貴州、四川、陝西、台湾などの地域で生産され、後に種を導入し、現在国内の多くの地域で栽培されている。

 

コンニャクは昔から「腸砂除去」と呼ばれ、中国での医薬の歴史は古く、漢末に約成書された「名医別録」にはすでに記載されており、今から2000年以上の歴史がある。コンニャクの食用歴史は晋代に最も早く記録され、今から1700年以上になる。

 

コンニャクは自然界で現在、グルカンを大量に抽出できる唯一の植物であり、乾燥重量の約50%~60%を占めている。グルカン以外にもコンニャクはデンプン、タンパク質、多種のビタミンとカリウム、リン、セレンなどの微量元素を多く含み、同時にコンニャクもセラミドを多く含む植物であり、現在発見されている植物の中で最も含有量が高く、他の既知植物の約10倍から15倍であり、開発の将来性が非常に高い。

 

グルカン(KGM)はこんにゃくの主成分であり、D-グルコースとD-マンニトール残基によって通過する。β-1,4グリコシド結合を1:1.6で重合した高分子多糖類で、分子量は約20万~200万ダルトンである。

 

グルカンは良質の可溶性植物多糖食物繊維として、陳君石院士に「最も良質な食物繊維は一つもない」と呼ばれている。優れた保水性、ゲル性、増粘性、安定性、成膜性、吸水性(吸水倍数は80~100倍に達することができる)、接着性、派生性などの多種の理化特性を持っているため、3 D印刷、薬物医療、化粧品スキンケア、高分子材料、建築建材、汚水処理、動物栄養、健康保健、食事代ダイエット、食事代プレ、植物肉などの分野で広く応用されている。


現在、中国で使用が許可されている各種の動物ゴム、植物ゴム、微生物ゴム及び化学変性コロイドの中で、こんにゃくは唯一添加物として使用されず、使用範囲と使用製限の親水コロイドがなく、国は2004年8月17日にこんにゃくを普通の食品管理として登録した。


400-6600-648
  • 電話 : 0717-6850363 / 6222699 / 6854999
  • 住所 : 湖北省宜昌市長陽経済開発区長陽大道438号
  • メールボックス : konjac@yizhikonjac.com
  • ウェブサイト : http://eskonjac.net